FullSizeRender (1).jpg

 

 電光里の歴史劇

                                                                 /林哲次

 

         電光里は、古くからは雷公火(即ち稲光という意味)と呼ばれた、中央山脈と海岸山脈の間に花(蓮台)東縦谷があり、海岸山脈の山麓に位置する集落である。見渡す限り緑の山々と黄金色の稲穂のハーモニーを奏でる見晴らしは抜群。このまろやかな田園風景は主にアミ族の人々が守り続いてきた民族芸能が伝わるところである。

小青 發表在 痞客邦 留言(2) 人氣()